スポンサードリンク
▽商品名・地名やホテル名などで検索して下さい。

浅尾美和 離婚発表

浅尾美和(23)西堀健実(28=ともにエスワン)が突然の“離婚発表”をしてから2日後に記者会見が行われた。

2010スーパーヒットカレンダー 浅尾美和  CL-362

浅尾美和・西堀健実の今季限りでのペア解消の最大の原因は、2人が目標とする12年ロンドン五輪出場が難しいと判断したことだった。

今季最終戦プーケット・タイオープンで予選敗退し、決意したという

2人の新ペアについて、所属先のエスワンの曽根康浩社長は、まだ、どこからも打診はきていないし、こちらからしていない、と話している。

浅尾美和もいろんな選手と話がしたい。早く始動できるので早く決めたいと語った。

浅尾美和関連品はこちら

浅尾美和、西堀健実が記者会見

浅尾美和(23)、西堀健実(28)=ともにエスワン=が18日、ビーチバレー女子のペアを今季限りで解消する記者会見をした。

2010スーパーヒットカレンダー 浅尾美和  CL-362

ペア解消の大きな理由は、5年間国内最高峰のJBVツアーで未勝利だったことが大きい。
西堀健実も結果を出せなかったのが残念と話した。

浅尾美和、西堀健実とも、ペアの解消はより高いステップを目指すと一致していた。



浅尾美和、西堀健実の2人は12年ロンドン五輪を目指し、今後それぞれに新たなパートナーを探す。

浅尾美和 コンビ解消

浅尾美和(23)と西堀健実(28)の“妖精ペア”が、来季のペアを解消することになったことは昨日お伝えした。

【美心】2010スーパーヒットカレンダー 浅尾美和  CL-362! 「ビーチの妖精」弾ける美和スマイル!!

2012年ロンドン五輪に向けた前向きな解消という決断をした、18日に都内で会見を行い、浅尾美和と西堀健実が今後の動向について語る。

今期は背水の陣で臨んだにもかかわらず、国内ツアー5戦で優勝することはできず、格付けの低いビーチバレージャパンに優勝しただけだった。

“発展的解消”という形だが……

インドアで実績のあるかおる姫こと菅山かおる(30)=WINDS=は今季途中からペア不在に悩まされた。

浅尾美和と西堀健実の妖精ペア解消を契機に、五輪をにらんで大幅なペア交代になりそうだ。

【コスプレ】 浅尾美和風 ビーチバレーセパレート水着

浅尾美和関連品はこちら

浅尾美和・西堀健実組解散へ



浅尾美和(23)、西堀健実(28)組がペアを解消することになった。

浅尾美和と西堀健実が所属するエスワンが16日、発表した。

エスワンは、12年ロンドン五輪を目指して前向きなペア解消とし、浅尾美和は、今後新たなパートナーを探す方針だ。

ジュリアナ、ラリッサ組が連覇

ビーチバレー:ワールドツアー女子・日本大会の最終日は24日、大阪市中之島特設会場で行われ、決勝でジュリアナ、ラリッサ組(ブラジル)がタリタ、マリア・アントネリ組(ブラジル)を2−1で下し、2連覇を果たした。

ツアーの成績は今季2勝目で、通算23勝目。

 ジュリアナ、ラリッサ組は第1セットを26−24で先取。
第2セットは19−21で落としたものの、第3セットを18−16で競り勝った。




















日本勢はすべて姿を消した

 ビーチバレーのワールドツアー女子・日本大会第3日は22日、大阪市中之島特設会場で行われ、浦田聖子(MDI)楠原千秋(フリー)組は敗者復活2回戦でチェコのペアにストレートで敗れて、17位に終わった。今大会での日本勢はすべて姿を消した。

 浦田、楠原組は第1セットを16−21で落とすと、第2セットも序盤の3連続失点から盛り返せずに、16−21で敗れた。

浅尾美和・西堀健実組みの負けっぷり

浅尾美和(23)西堀健実(27=ともにエスワン)はビーチバレー「ワールドツアー女子日本大会」第2日目に1回戦でストレート負けし、敗者復活1回戦では浅尾が顔面に強烈なスパイクを被弾して終戦しました。

 その最後は、あまりにも凄惨なラストシーンでした。

敗者復活1回戦、相手のドイツ・ペアのマッチポイントで、相手の弾丸スパイクが浅尾を襲い、顔面に被弾すると同時に、サングラスがかなたへ吹っ飛きとびました。

浅尾美和は顔を押さえてふらつき、右ひざから崩れ落ちると同時に、終戦のホイッスルが鳴り響いた。

浅尾美和は試合後

「反応できなかったので恥ずかしい。手が出なかった。練習ではよく顔に当てるけど、試合ではあまりないですね」

 1回戦でチェコ・ペアに敗れて迎えた崖っ縁の一戦だったが、今季世界ランク1位の壁は高かった。

試合前には大阪の名物人形「くいだおれ太郎」から「次の試合は勝ってや」と激励を受けたが、実力差は埋まらない。好プレーで得点を挙げても、すぐに相手に流れを断ち切られた。

 「1試合目より自分たちのいいところを出せたけど、もっともっとできたと思う」。昨年に続いて1勝もできずに姿を消し、厳しい表情を浮かべた。

 今年の大きな目標となる世界選手権(6月25日開幕、ノルウェー)の出場ポイントも稼げず、世界との圧倒的なパワーの差を思い知らされた。

その差を埋めるため、浅尾は「目に見えて分かるような、大きな筋肉をつけないといけない」と力強く宣言。

浅尾美和は妖精に不似合いな筋肉の鎧(よろい)を身に着けた時、世界と互角に戦う日がやってくる。

浅尾美和、西堀健実組は敗退!

浅尾美和、西堀健実組(エスワン)は、21日<ビーチバレー:ワールドツアー女子・日本大会2日目>の1回戦で敗れ、敗者復活戦にのぞんだものの1回戦で敗れ25位に終わりました。

浦田聖子(MDI)楠原千秋(フリー)組は1回戦でドイツペアに敗れましたが、敗者復活1回戦で中国ペアにストレート勝ちして、22日の敗者復活2回戦へ進みました。

 菅山かおる(ウインズ)金田洋世(上越マリンブリーズ)組も、1回戦、敗者復活1回戦ともにストレート負けで25位に終わりました。

◇21日◇大阪市中之島特設会場

浅尾美和関連品

 

浅尾美和/西堀健実組は3位をキープ!

浅尾美和/西堀健実組は5月17日に行われた「ファイテンJBVツアー2009 第3戦霧島酒造オープン」最終日(宮崎県都城市の霧島ファクトリーガーデン)で3位を確保しました。

なお、女子は鈴木洋美/田中姿子(フリー)が、男子は朝日健太郎(CHINTAI)/白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)が優勝しました。

★「ファイテンJBVツアー2009 第3戦霧島酒造オープン最終日」試合結果★

【男子3位決定戦】
●今井啓介/西村晃一 0(14-21,16-21)2 ○畑信也/山本辰生

【女子3位決定戦】
○浅尾美和/西堀健実 2(21-11,21-18)0 ●尾崎睦/草野歩

【女子決勝】
●浦田聖子/楠原千秋 0(12-21,22-24)2 ○鈴木洋美/田中姿子

【男子決勝】
○朝日健太郎/白鳥勝浩 2(21-14,28-26)0 ●井上真弥/仲矢靖央

浅尾美和関連品


浅尾美和、西堀組は3位決定戦へ

浅尾美和、西堀組が出場したビーチバレー・霧島酒造オープンは準決勝でフルセットの末に敗れ、悲願のツアー初優勝はならなかった。

 ビーチバレーのJBVツアー第3戦、霧島酒造オープン第2日が16日、宮崎・霧島ファクトリーガーデンで行われ、女子2回戦に出場した浅尾美和、西堀健実(エスワン)組は、鈴木洋美、田中姿子(フリー)組と対戦し、1−2(21−17、19ー21、11−15)で敗れました。

その後に行われた敗者復活2回戦では、浦田景子(3RDWARE/teamSandBlock)、梁川友紀(FOVA)組に2−0(21−19、21−6)と快勝したものの、準決勝で浦田聖子(MDI)、楠原千秋(フリー)組に1−2(28−26,15−21,13−15)と逆転負けを喫し、悲願のツアー初優勝はなりませんでした。

 大会最終日となる17日は、浅尾、西堀組が3位決定戦で尾崎睦、草野歩(湘南ベルマーレ)組と対戦します。

また決勝戦は浦田、楠原組と鈴木、田中組の間で行われます。

浅尾美和関連品



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。