スポンサードリンク
▽商品名・地名やホテル名などで検索して下さい。

浅尾美和ペアは4位

浅尾美和(25=エスワン)松山紘子(25=サンドブロック)組が
ビーチバレーの国内ツアー第2戦大日本印章オープンで、
3位決定戦で保立、宮川組に1−2で敗れて4位だった。

あと一歩がなあ〜、もっともっと応援!

浅尾美和ファーストDVD「asao miwa」

新品価格
¥1,650から
(2011/5/17 23:31時点)




(ボレー)bolle サングラス VITESSE フレームカラー:プレイティングガンメタル/レンズカラー:モジュレターポラライズドグレイ 浅尾美和選手(ビーチバレー)使用モデル 11255 VITESSE-11255 プレイティングガンメタル/モジュレターポラライズドグレイ F

新品価格
¥18,950から
(2011/5/17 23:34時点)



北京オリンピックビーチバレーアメリカペアが2連覇達成

北京オリンピック(五輪)のビーチバレーは21日に女子決勝と3位決定戦が行われました。

 オリンピック(五輪)ランキング1位のウォルシュ、メイトレーナー組(アメリカ=米国)が2−0で同ランキング2位の王潔、田佳組(中国)を下し、アテネ五輪に続き2連覇を達成しました。

なお、3位決定戦は薛晨、張希組(中国)が勝ち、銅メダルをかくとくしました。

アメリカ(米国)、中国ペアがビーチバレー女子決勝へ進出

北京オリンピックのビーチバレーは19日、女子準決勝が行われました。

アテネオリンピックで金メダルを獲得しオリンピックランキング1位のウォルシュ、メイトレーナー組(アメリカ=米国)と、

オリンピックランキング2位の王潔、田佳組(中国)が決勝に進出しました。

北京オリンピックビーチバレー朝日、白鳥組敗退で9位

 北京オリンピックのビーチバレーは16日、男子決勝トーナメント1回戦が行われました。

 日本男子、朝日健太郎(CHINTAI)白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組はマルシオアラウジョ、ファビオルイス組(ブラジル)に0−2で敗れ、準々決勝進出はならず9位でした。

 朝日、白鳥組は、第1セットを21−23で競り負け、第2セットも15−21で落とし敗戦が決まりました。

 朝日健太郎選手の話 五輪は最高に楽しかった。もっともっと強くなりたい。体も元気。これからも世界のてっぺんを目指して最高のプレーをしたい。

 白鳥勝浩選手の話 目標とした舞台でプレーできてうれしかった。コーチらを含めてみんなの力を合わせてやってきた。
ビーチを10年やって、やっと楽しさが分かってきた。

これからの健闘を期待したいと思います。

佐伯,楠原組,ビーチバレー1次リーグ敗退

北京オリンピック女子ビーチバレーは、1次リーグ最終戦を行い、B組の佐伯美香(ダイキ)楠原千秋(湘南ベルマーレ)組は0−2でキューバのペアに敗れ、3連敗で4位となり敗退が決まってしまいました。
残念です!

お二人の談話です。

 佐伯は「相手の力が上だった。バレーボールからビーチバレーに転向してからいろいろなことがあったが、自分が歩んできた道は間違いではなかったと思う」。

 楠原は「2セットとも中盤の連続失点が悔しい。相手がこちらのスパイクに対応してきたのに、こちらがそれにうまく対処できなかったのが敗因。3試合を通じて一番悔しいのは、第2戦の負け方があまりにも悪かったこと」と悔やんだ。

今後の健闘を期待します。

▼男子の方はやってくれました。

朝日健太郎(CHINTAI)白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組は1―2で米国のペアに敗れて1勝2敗となったが、2位に入り16ペアによる決勝トーナメント進出を決めました。

 朝日健太郎の話 米国戦の敗因は勝利に対する執念の差。決勝トーナメントでは、心と体を最高の状態にしてコートに立つ。

 白鳥勝浩の話 これからは一発勝負なので何が起こるか分からない。目の前の試合に1つずつ集中し勝ち続けたい。

男子ペアの上位進出を応援します。

ビーチバレーボールの魅力

 ビーチバレーボールの醍醐味は、何といっても全身全霊をかけて1つのボールを必死に攻防し合うことです。

あの広いコートをたった2人の選手で守りきるわけですから、砂浜の上では、必死に体を張ってプレーをします。

相手選手の表情や相手選手の位置など、相手との駆け引きも見所のひとつで、ゲームの流れの中でじっくりと観察すると、また違ったおもしろさを発見できます。

また、屋外で行われるため、風や日光などの自然条件も視野に入れながらプレーをしています。

そのあたりが、一般のバレーボールとは違う、ビーチバレーボールならではの興味深いところです。

もちろんサーブ、レシーブ、アタックなど、選手個人の技術の差が勝敗を左右しますが、最大のキーポイントは、2人がいかに上手く連携プレーを行うか、そして2人のチームワークがカギになります。

浅尾美和試合


大きな声を掛け合ったり、目と目で会話をするアイコンタクト、背面で指を使ってサインを送るなど、パートナーとのコミュニケーションも見逃せません。

そして、なんといっても、白い砂のコート、青い海、青い空、素晴らしい大自然の景観の中で行うことも、ビーチバレーボールの魅力のひとつです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。